with567~新型コロナのワクチン

withコロナ

各国で開発が進む新型コロナウイルスのワクチン
パンデミック(世界的大流行)の収束の切り札と期待されていますが、開発のスピードを優先させるあまり、安全性の確認が不十分なまま、接種が始まる恐れが指摘されています。
今回は世界を恐怖に陥れた新型コロナウイルスのワクチンの開発の展望と接種のあり方を質疑応答形式でご説明いたします。

スポンサーサイト



そこが聞きたい新型コロナウイルスのワクチン~with567調べ

コロナの影響に関する保護者アンケート調査 第2報をアップしました | NPO法人 アスイク 【仙台・宮城の子ども支援】

おしえてちゃん
おしえてちゃん

ワクチンの開発の現状と見通しを教えて!

567博士
567博士

実際にヒトに接種する臨床研究の中に、最終段階のものがいくつかあります。接種によりウイルスを攻撃する抗体が体内にできたことなどが確認されており、順調に研究は進んでいます。しかし、抗体を獲得した人のうち、何%が感染を防げるかという「有効率」は、まだ公表されていません。インフルエンザワクチンでも、有効率は年によって約20%~80%と差があるのが現状で、この確率を高めるのが本当の勝負です。痛みや腫れなどの有害事象もあり、安全性は確立されていません。

おしえてちゃん
おしえてちゃん

抗体ができても感染を防げないことはあるの?

567博士
567博士

新型コロナへの対応で難しいところは、ヒトの体内でどんなメカニズムで感染を防げるのかがはっきり分かっていない点です。細胞などを使った実験では、抗体による防御が確認されています。しかし、抗体がなくても感染を防げた例も報告されています。つまり免疫機能の中でなにが感染を防ぐのかが確定しておらず、抗体の有無で防御の能力を得たかを決められないのです。

おしえてちゃん
おしえてちゃん

急ピッチでワクチン開発が進んでるけど、懸念材料なんかはあるの?

567博士
567博士

統計学的な有効率を確認するには、流行している時期に、臨床試験を大規模にすることが望ましいです。一方で、安全性については、何年もかけて大多数の人に接種しなければわからないこともあります。急げば急ぐほど、副作用などの有害事象を検出できない確率が高まります。ワクチンは健康な人に接種するので、安全性は最優先に確保されるべきです。

おしえてちゃん
おしえてちゃん

日本政府は海外製のワクチン確保を進めているけど、接種はどうすべきなの?

567博士
567博士

すぐに国民全員に接種するようなことは決してせずに、高齢者や基礎疾患がある人、医療従事者などリスクの高い人から優先して接種すべきです。仮に、有害事象などのリスクがあっても、重症化や死亡を避けられるなどの利益が上回るからです。しかし、健康な子どもや20~50代の人は感染しても軽症者が多く、利益よりもリスクが上回りかねません。また、開発が進むワクチンの中には、過去にヒトに使われたことがない遺伝子を使ったものなどがあります。それぞれの特徴を把握し、メリット、デメリットを比べて最良の選択をする必要もあります。

おしえてちゃん
おしえてちゃん

ワクチンによってパンデミックは収束するの?

567博士
567博士

ワクチンは医学のツールとして、公衆衛生の雄と言われます。しかし、感染対策を担う一部しかなくて、手洗いやマスクの着用、3密を避けることなどの徹底も大切です。最近は疫学のシミュレーションも盛んに行なわれるようになっていて、流行予測などの活用も欠かせません。新薬の開発も大切な要素です。

おしえてちゃん
おしえてちゃん

日本のワクチン開発は進んでいるの?

567博士
567博士

遅れているという批判がありますが、急がば回れだと思います。接種した大多数の人に問題はなくても、一部の人に有害事象が起こることはあります。このリスクを減らすために、病歴などを考慮し、個々人にとっての安全性を評価する戦略が重要です。この分野で、日本は世界に劣っておらず、安全性が緻密に評価されたワクチンが感性する可能性があります。先行するワクチンに取って代われる潜在能力は十分にあるでしょう。

まとめ

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染予防対策について | イベント・ニュース | 東京楽天地

ワクチンへの過度な期待や依存は、感染対策をおろそかにしかねません。完成しても、全ての人への接種には時間がかかる上、全員に効果があるとも限りません。接種で流行前の世のなかに戻ると思わずに、日頃の予防策を続けることが必要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました