「withコロナ」スティホームの読書週間!文豪が招いてくれる秋へ

withコロナ

コロナ渦であっても春夏秋冬は訪れます。
その季節によって、楽しむ趣味も変わってくるのが、人生です。
開放的な夏がさっさと席をゆずり、秋の季節がその席に腰をおろします。
暑くも寒くもない落ちついた気候は、寒暖差の激しい夏と冬とは違い、少しゆとりの時間を提供してくれます。

そんな時、想像力をかきたてる文豪の吸いこまれるような文章は、一時、このコロナ渦を忘れさせてくれるものです。
現実逃避とは違う、心地よい浮遊感を楽しむための読書週間を作ってみるのもwithコロナ時代の過ごし方です。

スティホームの読書週間!文豪が招いてくれる秋へ

働き方改革が勧められています。
特にコロナ渦の業績悪化により、従業員の人件費問題が悪化し、解雇や雇止めの企業も多く、いままで通りの人件費のねん出が難しくなっています。
そこで企業が提案するの働き方改革は、ダブルワークの推奨です。
学生時代、アルバイトのかけもちの経験はあるでしょうが、学生を卒業後、二束のわらじとして会社勤めをしながら、またもうひとつの仕事をする機会は、ほとんどないでしょう。
特に新入社員なんて、今の仕事を覚えるのに手いっぱいで同時進行で次の仕事内容を理解していくことは困難でしょう。

バイトと正社員の仕事はその質と量、それに責任感が異なります。
仕事の精度が高ければ高いほど、極めて困難な道のりとなります。
ですが、コロナ渦の時代、それが求められています。
ニーズに応じた働き方をするには、それにそった考え方と行動を追求していくこと他なりません。

読書はその手助けにもなってくれるものなので、思考を柔軟にするベスト本をご紹介します。

夢をかなえるゾウ

シリーズ化されている「夢をかなえるゾウ」は、ガネーシャという関西弁で喋る神様がどこにでもいる一般人の夢を叶える為のアドバイスをしていく物語。
歴史上の偉人たちを育ててきたという逸話と偉人の名言をもとに話しは進められ、
ガネーシャから与えられる課題をこなしていくという展開です。
特にニュートンの話は面白かったですね。
「あの子も鈍感な子やった。ワシ何回もリンゴおとしたったもん」
夢を叶えるためのルーティンがこの本にはあります。

夢をかなえるゾウ

夢をかなえるゾウ2 

夢をかなえるゾウ3

夢をかなえるゾウ4

 

後悔しない超選択術 [ メンタリストDaiGo ]

良い人生とは良い選択です。
メンタリストDaiGoが科学的根拠をもとに一瞬で見極める選択術を公開しています。

・ランチの選択にも表れる5つの意思決定スタイル
・合理的スタイルに近づく5つの習慣
・客観的に自分を見るトレーニング
・朝のゴールデンタイムを活用する習慣術
・選択力を鈍らせる5つの落とし穴
・「後悔しない選択」のための5つのトレーニング
・自分を変えるための10%ルール
・その選択の、10分後、10か月後、10年後はどうなっている?

後悔しない超選択術

 

多動力

これからの時代、すべてのものがインターネットと繋がり、すべてのものが同時進行で行われる。一度に何人もの話を聞くことができたいう聖徳太子のようなスキルが、これからの時代必須となるホリエモンは語ります。

第1章 1つの仕事をコツコツとやる時代は終わった
第2章 バカ真面目の洗脳を解け
第3章 サルのようにハマり、鳩のように飽きよ
第4章 「自分の時間」を取り戻そう
第5章 自分の分身に働かせる裏技
第6章 世界最速仕事術
第7章 最強メンタルの育て方
第8章 人生に目的なんていらない

多動力

終わりに

他にもご紹介した本は山ほどありますが、個人的な読書本が並ぶだけになりますので、
withコロナ時代の今、特に読んでほしい本をピックアップさせていただきました。
もう読んでいるよという方もいるとおもいますが、まだ読んでいない方は是非読んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました