【アドバイザリーボード】に示し、高齢者施設面会を緩和

withコロナ

厚生労働省は、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため一時的に中止している高齢者施設での面会について、地域の発生状況を踏まえた対応に見直す方針を、専門家助言組織「アドバイザリーボード」に示し大筋で了承されました。

スポンサーサイト



高齢者施設の集団感染減少

感染者の動向が地域によって異なることや、高齢者施設や病院内での大規模な集団感染が減少している現状をうけて、近く自治体に周知するとのことです。

高齢者施設や医療機関での面会は、新型コロナ対策の基本的対処方針に緊急の場合を除き全国一律で一時中止となっています。厚労省案は「地域の感染状況を踏まえ、施設の管理者が制限の程度を判断する」としています。
オンラインによる実施も引き続き考慮したうえで「施設での面会を実施する場合は適切な感染防止対策をした上で実施すべきだ」との考え方を示しています。



コメント

タイトルとURLをコピーしました