安倍首相の辞任表明!国が抱えるコロナ問題!退陣は立派な選択だった

withコロナ

第96・97・98代内閣総理大臣を務めた安倍首相。潰瘍性大腸炎が再発し、8月28日午後5時の会見で突然の辞任を発表しました。
批判的な意見もあるなか、安倍首相は、金融緩和策の「出口戦略」や新型コロナ対策はどうするかの質疑に、国民の生活を左右する重要な政策を自身の病気と治療を抱え、政治判断を誤るわけにはいかないと答え、無念の退陣を決意しました。

国のリーダーを失った今、早急に次のリーダーが必要となりますが、「ポスト安倍」をめぐり動き、総裁選挙は来月15日軸に調整を始めています。
アメリカ合衆国大統領トランプ氏にもこの事実はすぐに耳に届き、
「安倍氏は素晴らしい人物。最大の敬意を表したい」と述べております。

いくつもの難題を抱える日本の舵取りを次は誰が担っていくのか注目を集めています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました