コロナ禍の事情

withコロナ

新型コロナウィルスが長期化なりと経済的には深刻な問題となりました。

コロナ禍収束に必須なのは、ワクチンの開発であり、特効薬が世に出回らない限り、新型コロナウィルスの収束はありえません。

ですが、そのワクチンに関し、部分的な情報のみが先行し、未だ医療機関に出回るという情報開示がなされておりません。

ワクチンの開発は進んでいる、外国の医療機関と締結はできていると不安材料満載の情報のみとなっています。

と言っても国の方針にケチをつけたところで、国民ひとり一人の力は微力なものであり、なんの解決策にはなりません。ただ待つのみしかできないのです。

コロナ解雇、コロナ倒産と雇用の問題が悪化し、国民は日々不安を感じ生活していますが、ただ待つのみしか私たちにはできません。

この状況が一生続けば、日本という国は壊滅し、国として成り立たなくなります。

ですが、過去にも似た事例はありますし、日本は再生しています。

いつかこのコロナ禍も終焉を迎えることは間違いありません。

それまでなんとか今日を生き延びましょう。


コメント

タイトルとURLをコピーしました