コロナ禍の緩和!事態は収束に向かっている・・・と思う!

withコロナ

「もみじの落葉と和風の門扉」の写真

新型コロナウィルス感染が収束されつつあります。

社会景気の回復はまだ時間がかかりそうですが、世間の新型コロナウィルスへの日常は日に日にコロナ禍前に戻りつつあります。

私がなぜそう思うかというと、メディアの対応です。

時短を強いられていた飲食店、人数制限のイベント会場など、そのどれもが緩和されており、近々、外国人の入国緩和も視野にいれた政府の動きが起こっています。

また、ニュース、バラエティ、ドラマなども以前はソーシャルディスタンスを保った距離での放送だったのが、近頃ではフェイスマスクや、マスクの着用のみとなっています。

5月連休であるゴールデンウィークも政府の非常事態宣言発令などもあり、自粛ウィークとなってましたが、9月シルバーウィークは、全国的にどこのお店も8割近くの稼働が戻ったと報道されています。

もうすぐ寒い冬が訪れ、新型コロナウィルスの感染拡大の再発が懸念されていますが、ここを乗り切れば、またコロナ禍まえの日常が戻ってくるのではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました